介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格には種類が有り、どの資格が就職に有利で、どの資格をまず取得するべきかについての記事です。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格にうち介護福祉士は取っておきたい国家資格

介護資格にはたくさんの種類があります。就職に有利だと言われている資格には、介護職員初任者研修課程(旧ホームヘルパー2級)介護福祉実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャー、理学療法士、作業療法士などがあります。その中でも介護福祉士は国家資格で、介護の資格の要として、介護の仕事に就きたい人ならぜひともとっておきたい資格の一つです。介護の仕事には施設で行う仕事と各家庭に出向いて行く訪問介護の仕事があります。訪問介護の仕事は初任者研修、実務者研修、介護福祉士の資格がないと出来ない仕事であり、裏を返せばこの資格がないと出来ない仕事であることが資格を取る意味を重要にするということなのです。特に介護福祉士は国家資格としては合格率が50%〜60%と比較的高めで取りやすい資格であると言えます。

資格を取る為には介護や福祉系の高校や短大・大学・専門学校などに通って取るのが一般的ですが、通信教育をと要する方法も有ります。ただ専門学校に通うメリットとして、卒業と同時に介護福祉士の資格を取れるということです。社会人が目指す場合には、まず介護福祉初任者研修の資格を取ってから、働きながら次のステップを目指すという方法が良いようです。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.