介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格には介護福祉士と言う免許が有りますが、試験合格でも実際に介護する上では慈愛の精神が必要だと思います。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格に関するうんちく

介護資格とは介護福祉士が有りますが、その資格を得るには介護を行なっている病院や介護施設で一定の期間の就業が必要になります。その就業期間の条件を得た人が介護福祉士の試験を受ける事が出来ます。試験に合格すれば介護福祉士としての活動をする事が出来ます。実際には介護を行なう上で特に変化を持つ事は有りませんが、知識として得た内容を元に患者さんへの介護を行なうと言う意識の元で行なえば自然と話をする時や衣類の着脱を手助けする時に痛くない様にとかの配慮が出来てくるのだと思います。

介護の仕事を行なうと言う事は人の生活のお手伝いをする事になります。勿論その中には朝からの洗面から始まり、口腔ケアや食事介助・入浴や排泄等の普段自分達が自分で出来ている事をお手伝いする事になります。その介助の一つを行っている際に患者さんへ不快な思いや苦痛を与える事のない様に注意をしながら介助を行います。行動にはまず、声かけをして今から実行する事を伝え、ゆっくりと行なう事で無理をさせないように配慮していきます。痛み等の有無の確認の為患者さんの表情等にも注意して観察を行ないながら丁寧な対応を行って行きます。ですが自力で出来る事は患者さん本人に行なってもらいます。全て介助を行なう事で自力で出来る能力の低下や依存心を作る事は患者さん本人の為にはならないからです。あくまで出来ない所の介護を行なっていくべきだと思います。

比べてお得!

Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.