介護職員初任者研修という介護資格について

私の友人は、手に職をつけようと思い、介護資格の勉強を通して、心を理解することが大事だと気付きました。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格の勉強を通して

私の友人は、7年前、妊娠し、結婚をしたことを機に、仕事を辞めました。なぜかというと、彼女の仕事は医療機器の販売促進で、かなり残業が多く、とても忙しい職場だったので、子供を育てながら、この仕事はできない、と思ったからだそうです。しかし、子供も、だんだんと自分のことを自分でできるようになり、彼女自身にも、時間が持てるようになってきました。そして、やはり働きたい、という気持ちが出てきたようです。彼女は、医療機器の販売をしていただけあって、医療や介護に関しては、それなりの知識もありました。それなら、手に職をつけようと思い、介護資格を取ることを決心したそうです。

介護資格は、教科書を覚えるだけではありません。実践もかなり大事になってきます。それでも彼女は、体力に自信があったようで、介護の必要な方を支えることは、そんなに苦ではなかったそうです。しかし、やはり一番大事なことは、どれだけ介護の必要な方の心に寄り添えるか、ということだと言っていました。介護の必要な方の気持ちを理解しながら、勉強をしていくことで、彼女は、無事、介護資格を取得することができました。そして、すぐに老人ホームで働くことができるようになりました。

比べてお得!

Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.