介護職員初任者研修という介護資格について

旦那さんが体調を崩したことを機に、私の友人は、介護資格をとることにし、無事仕事を見つけることができました。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格で道が開けた

私の友人は、結婚をしてから、仕事を辞め、育児をとても楽しんでいました。旦那さんにも、それなりの収入があり、週末は遠出をしたり、長期休みには海外旅行に行ったりと、とても幸せそうでした。しかし、息子さんが、小学生になった頃、旦那さんは体調を崩しがちになったそうです。彼女は、すぐに仕事を探し始めましたが、前の仕事を辞め、かなりの年月が経っていたため、どこの会社も雇ってはくれませんでした。そこで、彼女は、現在でもかなり需要のある、介護資格の勉強を始めることにしました。

介護に関わることが初めてだった彼女は、最初、とても辛そうでしたが、次第に慣れていき、一度も科目を落とすことなく、合格することができました。そしてすぐに、自分の履歴書を、介護資格が必要な会社や老人ホームなどに送りました。すると、次々と面接の依頼を受けることができたのです。彼女は、この一個の資格がこんなにも自分の道を広げてくれるとは思ってなかったようで、とてもびっくりしていました。現在、彼女は、医療機器の販売に携わっています。仕事をもちながら主婦をし、とても忙しい毎日を送っています。しかし、専業主婦の時よりも、毎日が充実している、と言っていました。

比べてお得!

Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.