介護職員初任者研修という介護資格について

介護の仕事にこれから携わろうと考えて介護資格を取ろうと思っている方へ、資格取得について簡単にまとめてみました。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格の取得について

後10年後には4人に1人が75歳以上という、超高齢者社会になろうとしています。これは決して避けられない未来ですからこそ、介護の仕事に注目が集まっています。では介護の仕事とは一体どういったものがあるのでしょうか。一言に介護と言っても、様々なサービスが有ります。自宅に出向いて家事を行ったり、施設で身の回りのお手伝いをするなど、多岐に渡っています。これらの仕事には介護資格が必要なものと、無資格でも良いものと分けられます。基本的に一人で介護を行う仕事には資格が必要で、数人で行う場合はチームの中で誰かが持っていれば良いといった感じです。

介護の仕事を広く行うためには、初任者研修と呼ばれる資格を取得しなければなりません。取得自体はそこまで難しいものではありませんし、実地訓練とレポートの提出等で取れます。費用はかかるものの、受講時間が夕方でも対応してくれるところもありますから、就業中の方でも取りやすいのではないでしょうか。初任者研修の資格を取得しておくと、さらにワンランク上の介護福祉士を取得する権利が与えられます。介護福祉士の資格を持っていると、仕事の幅がより広がります。介護の仕事は多岐に渡っていますので、自分がやりたい介護は何か、必要な資格は何かをしっかりと把握しておいた方が良いと思います。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.