介護職員初任者研修という介護資格について

福祉住環境に関する介護資格について、その概要や、試験内容、難易度や仕事内容などを交えながら、説明いたします。

介護職員初任者研修という介護資格について

福祉住環境に関する介護資格について

福祉住環境に関する介護資格について、その概要や、試験内容、仕事内容、難易度などを交えながら、説明いたします。介護系資格の中には、在宅介護に関係する住環境をサポートする立場の仕事があり、福祉住環境コーディネーターという資格者がその分野で活躍しています。福祉住環境コーディネーターとは民間の資格ですが、在宅介護が必要な方の、自宅をバリアフリー化したり、改修工事を提案することが主な仕事内容になっており、バリアフリー改修工事の補助金申請などを、施主に代わって申請できる立場にあります。資格は3級から1級まであり、2級と3級の難易度はそれほど高くはありませんが、1級には記述式の問題が課せられ、実務を長年経験していなければ答えられないような問題が出題される傾向にありますので、合格率は低くなっています。

仕事における役割としては、介護対象者の心身の状態を的確に判断し、自宅においてどのような福祉器具や用具を用いてサポートするか、また住まいのリフォームや建て替えなどの計画や提案などを行うアドバイザーとしての業務がメインとなります。関連の資格としては建築士や社会福祉士、インテリアプランナー、介護福祉士などが挙げられ、併せて所有する資格として有名です。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.