介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格を取得するなら介護職員初任者研修の資格を取得することからスタートすることをお勧めします。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格は介護職員初任者研修からスタート

介護資格のひとつとして今、介護職員初任者研修資格に注目が集まっています。昔、ホームヘルパー2級と言われていた資格です。資格の取得方法としては、スクーリングや通信講座などを利用して取得することができます。130時間ほどの研修が必要になりますが、現在一番人気の資格ともなっています。介護職員初任者研修になってからは、終了試験を行わなければならなくなりましたが、確認テストほどの簡単なものなので合格率は100%となっています。また、もし不合格になってしまったとしても再試験を受けることも可能なので、ストレスなくチャレンジすることもできるのではないでしょうか。

最短1ヶ月ほどで資格を取得することも可能となっており、今後、実務者研修や介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格を取得したいと思っている方には、お勧めの資格となっています。また、その他にも介護資格は、福祉用具専門相談員や福祉住環境コーディネーター、高齢者コミュニケーター、ケアクラーク、ガイドヘルパーなど様々な資格があります。最短3日で取得できる介護資格もあり、そのどれもが役に立つものばかりです。介護に興味のある方は、資格取得にチャレンジしてみてはいかがですか。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.