介護職員初任者研修という介護資格について

高齢者に対して安心で安全なケアを行うと言う事が介護資格には必要な事です。着替えに移動、そして食事にも技術です。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格として身に付ける技術

介護資格には、特に高齢者に対するサービスとしての日常の様々な事を身に付ける技術が必要とされます。朝起きれば着替えをするのですが、高齢者の中には、自分で着替えをする事が出来ない人も多いのです。ましてやベッドに寝たきりの高齢者に対して着替えをする事は一般の人には出来ないと言う事になります。寝たきりの高齢者に対して、安心で安全な着替えをする必要があります。つまりは順序があるのです。それらの順序に沿って高齢者に無理なく、しかも、迅速に着替えをする方法を介護資格者は出来るのです。ベッドから起き上がれる事は出来るが、脚や腕が動かないと言う場合にも、着替えの順序はあるのです。それも資格には必要な技術です。

高齢者を動かすと言う事も介護資格には必要な技術です。ベッドで寝ている人を起こし、そしてそれから車椅子に移乗すると言う事は、体重のある人の場合などは移乗する技術が必要になります。それらにも資格は必要となるのです。朝昼晩と高齢者も食事をします。その際に、一人で食事が出来ない、食べられない高齢者も多いのです。そういうときも食事介助と言って食事をさせてあげるのも資格が必要です。単に食べさせるのではなく、食べている状態、状況を観察しながら食べさせる事が求められるのです。ちゃんと食べ物を飲み込んでいるか、いないかなどを観察しながら食事を勧める事も介護資格には必要な技術なのです。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.