介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格になくてはならない技術に食事、排泄、そして入浴の介助は一日の中で特に取得する技術となるのです。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格になくてはならない技術

特に介護資格として必要な技術と言うのが高齢者に対しての絶対的なケアの一つに食事介助、排泄介助、入浴介助とがあります。その介助に付随するように、着替え、ベッドのメイキング、そしてリハビリ、環境、移乗と言うのもあり、その他にはレクリェーションと言うものもあるのです。食事介助と言うのは文字通り、一人では食事を出来ない高齢者のために、スプーンなどを使って、メニューを口に運んで食べさせる事です。中には、口を開けてくれない高齢者もいます。そして、飲み込みの悪い高齢者もいます。そして一旦は飲み込むのですが、食物を吐き出してしまう高齢者もいるのです。みな同じ状態ではないために、その人の状態に合わせて食事介助をすることが介護資格には必要な技術となるのです。

高齢者の下の世話とも言われるのが排泄介助です。いわゆるオムツ交換となります。少量であろうが多量であろうが、その状態に合わせてオムツ交換は常に必要なケアとなり、オムツを交換するにも技術が必要となります。寝たきりの高齢者の場合は特に困難なオムツ交換ですが、介護資格者であれば、順序に従って交換する事が出来るのです。他にも、便の色や状態、そして尿の色や量などで、その人の身体の状態を把握する必要もあるのです。そして入浴介助は、洗浄から浴槽にいたるまで、裸でいる高齢者に対して気持ち良くお風呂に入ってもらうためにケアをする必要があるのです。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.