介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格には介護職員初任者研修課程や介護福祉士実務者研修課程や介護福祉士などがあり、介護福祉士は国家資格です。

介護職員初任者研修という介護資格について

代表的な介護資格について

介護資格にはいろいろな種類がありますが、その中で有名なのは介護職員初任者研修課程、介護福祉士実務者研修課程、介護福祉士です。介護職員初任者研修課程は、ホームヘルパー2級に変わる資格として導入されたものです。介護職員初任者研修課程に変わることで、介護職のキャリアパスがわかりやすく一本化されました。この資格を取得すると、食事の補助や更衣補助などの身体介護サービスや、掃除や買い物といった生活援助サービスを行なうことができるようになります。

介護福祉士実務者研修課程は、前のホームヘルパー1級、介護職員基礎研修に相当する資格です。実務者研修課程ではより深い知識を身に付けることができるほか、サービス提供責任者として活躍することができるようになります。また実務者研修課程を修了すると、介護福祉士国家試験の実技試験が免除になります。サービス提供責任とは訪問介護のコーディネートや計画書の作成業務を行なうことで今までは介護職員基礎研修や介護福祉士の資格が必要でした。介護福祉士は国家資格で介護実践のスペシャリストと言えます。この資格を取得するためには、厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業するか、3年以上の介護の実務経験を積み介護福祉士国家試験に合格する必要があります。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.