介護職員初任者研修という介護資格について

将来の為に、介護資格を取りたいという事であれば、ホームヘルパーよりも、介護福祉士の資格を取りましょう。

介護職員初任者研修という介護資格について

将来の為に、介護資格を取りましょう

将来の為に、介護資格を取って、介護福祉士になりたいという人も多いのではないでしょうか。ですが、実際には介護福祉士とは、どういった仕事をしているのでしょう。介護福祉士とは、日常生活が困難な高齢者や精神に障害のある人などに対して、食事や入浴などの介護を行う仕事になります。資格を持っている事で、仕事以外にも、自分の家族や周囲の友人などの介護のお手伝いをする事も出来ますし、また、必要に応じて適切なアドバイスをする事が出来る、立派なお仕事になります。介護福祉士の資格は、国家資格となるのですが、同様の資格として、ホームヘルパーもあります。ホームヘルパーは、公的認定資格になりますので、覚えておきましょう。

では、ホームヘルパーの資格と介護福祉士の資格は、どのように違うのでしょうか。それは、何よりも介護福祉士の資格のほうが難易度が高く、取得する為に必要な年数なども長くなってきます。勿論、資格が無くても、介護の仕事を行う事は可能です。ですが、お給料の面などを考えますと、ホームヘルパーよりも、介護福祉士のほうが良いのです。ですので、ずっと介護に関わる仕事をしていきたいという事であれば、将来の事を考えましても、介護福祉士の資格を取る事をおすすめ致します。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.