介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格を取得しておけば、子育てをしてる主婦の人が社会復帰するときに、とても役に立つと思います。

介護職員初任者研修という介護資格について

育児の合間に介護資格の取得をしましょう!

介護資格とは未経験者であっても、講習を受けるだけで取得できるホームヘルパーの資格を取り、ヘルパーとして三年の臨床経験があれば、介護福祉士になる為の受験資格を取得する事ができます。実際に介護福祉士になった人はデイサービスの立ち上げに成功しています。

無事に介護福祉士になった後は、臨床経験が五年経過すれば介護支援専門員の、受験資格をもらうことができます。介護支援専門員になれば、介護の様々な分野で活躍できますし、夢だった独立開業もできます。また、通常は利用者さんの介護サービスのマネジメントをしますが、介護の仕事は年齢を重ねても、長く安定して働ける仕事だと思います。忙しい時でも、勉強をする時間が作りながらで、資格を取得してみてはいかがでしょうか。介護支援専門員の試験のレベルは高く、毎年全体の30%の合格率と言われています。介護支援専門員の資格があれば仕事の幅が広がり、色んな場所で活躍する事ができます。現在退職して子育てをしている方には特におすすめです。社会復帰した時に、介護の資格は役立つはずです。毎日仕事をするのであれば、やりがいのある仕事に就きたいですよね。今からでも、目標に向けて頑張っても遅くないと思います。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.