介護職員初任者研修という介護資格について

レクリエーション介護士という介護資格があります。資格を取ればレクリエーションの専門家として活躍できます。

介護職員初任者研修という介護資格について

レクリエーション介護士の介護資格

最近いろいろな介護資格が新しく誕生しています。ホームヘルパーの資格は、2013年にヘルパー2級が廃止されて介護職員初任者研修になりました。そして2014年には「レクリエーション介護士」という資格も誕生しています。レクリエーション介護士は現在注目されている介護資格です。レクリエーション介護士は、レクリ―ションを通してお年寄りが充実した老後を送れるようにサポートする仕事をします。具体的にはグループホームなどの介護施設で、レクリエーションの企画、提案、実施、指導を行います。レクリエーションをしてみんなで楽しく過ごすことで、精神的に豊かになります。そして熱中できる趣味を見つけることで生きる喜びを得ることができます。

各グループホームでは、カラオケ、囲碁、将棋、絵画、フラワーアレンジメントなど、様々なレクリエ―ションが行われていますが、それを企画運営する専門的な知識を持っている人が少ないのが現状です。そのためレクリエーションがマンネリ化してしまって飽きてしまっているお年寄りもいます。しかし、レクリエーション介護士の資格を取ってレクリエーションのスペシャリストになれば、斬新な企画、みんなが喜ぶような企画を考えてそれを実施できます。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.