介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格の中でも、介護福祉士の資格を取得するためには、国家試験を受けなくてはいけませんので、気をつけましょう。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格の中でも、介護福祉士の資格を取得するには

介護資格を取得しようと思っても、介護関係の仕事には、いくつかの職業があります。中でも、介護福祉士は、国家資格になりますので、資格を取得するためには、国家試験の合格をしなくてはいけません。以前でしたら、指定されております養成施設を卒業さえすれば、介護福祉士の資格を自動で取得する事が出来ました。ですが、2009年度から体制が変わり、きちんと国家資格を受けなくては、介護福祉士の資格を取得する事は出来ないのです。では、実際に介護福祉士になるには、どのような方法があるのでしょうか。国家試験を受ける為には、介護の実務経験をまずはきちんと積まなくてはいけません。

実務経験が3年以上ありませんと、国家試験を受ける事が出来ませんので、先ずはきちんと現場に出て、働くようにしましょう。また、介護実務経験3年というのは、高校や修学年限2年以上の高校の専攻科において、福祉の所定するところの科目を修めて卒業した人の事を指します。ですので、福祉過程のコースをきちんと卒業して、国家試験にのぞむ様にしましょう。介護福祉士になる為には、国家資格を受けなくてはいけません。ですので、とても大変ではありますが、一度きちんと取得をすれば、一生モノの資格になります。是非、頑張って資格を取得しましょう。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.