介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格についてどのような資格があるのか、また就職に有利なものはなにかについて紹介してみたいと思います。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格について知っておこう

介護資格についてどのような種類があるのか、それからどのような特徴があり、また就職に有利なものはどれなのかについてお伝えしてみたいと思います。まず、資格についてですが、代表的なものとして、初任者研修過程というものがあります。これは旧ヘルパーの2級にあたるものです。それから介護福祉士実務者研修過程といわれるもの、それから介護福祉士といわれるものがあります。それぞれにどのような特徴があるのかについて知っておいてもらいたいと思います。

はじめに初任者研修過程といわれるものは訪問介護以外では特に必要はないかとおもいますが、もっていると就職に有利だと思います。それから介護福祉士実務研修過程についてですが、これは通学と通信、それプラス実務を経験することで取得することができるものです。これも就職には有利になるかと思います。それから最後の介護福祉士といわれるものは、介護のしごとの中でも国家資格になるものです。合格率は65パーセントくらいなので、ほかの2つに比べてみても就職にはかなり有利だと思います。

この介護福祉士の資格をとるには生活を支える専門家として介護と医療の役割を考え、それを適切に分担する仕事であったり、医療との連携をとる仕事だといっても良いかと思います。この資格を持っておられる方には周りから社会的に評価を高めているといっても良いかと思います。このような資格があるということ、それからこういった資格があることで就職に有利だということを知っておいてもらいたいと思います。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.