介護職員初任者研修という介護資格について

高齢化社会がもたらす問題、さらに、高齢者を支える介護資格を有した仕事の重要性について書いています。

介護職員初任者研修という介護資格について

介護資格について考える

近年になり、テレビや雑誌、新聞等で大きな社会問題として取り上げられているのが、高齢化という問題です。最近では、超高齢化とまで呼ばれる状態にまで事態が深刻化してきています。まず、高齢化社会がもたらす問題点について考えていきます。1つ目が、社会保障費や介護負担の増大です。それによって、国の財政も圧迫されていきます。2つ目が、看護師や医師、介護士など医療業界での人材不足です。医療を必要とする人の数は増加し続けますが、それに対応できるだけの医療関係者の数を確保することが難しくなっています。特に、介護分野での人材不足は深刻な状態なのです。

そんな状況の中、介護に携わる人材を目指し、多くの人が介護資格に注目しています。介護資格には様々な種類のものがあり、中でも有名なのが介護福祉士です。介護福祉士とは、高齢者など身体や精神に障害のある人の介助を仕事とします。老人ホームで高齢者の世話をしたり、介護の必要な高齢者のいる家庭へ訪問し、在宅支援を行ったりします。介護に携わる仕事はその他に、ケアマネージャーと呼ばれる介護支援専門員も有名です。ケアマネージャーとは、要支援や要介護認定を受けた人から相談を受け、その人に適した介護サービス計画を作成することを仕事とします。介護サービスを提供していくための計画作成を担っており、とても重要な役割となります。

高齢化を加速させる社会の中で、介護の問題は深刻です。特に、介護の必要な高齢者を高齢の家族が支える場合、その問題の深刻さは計り知れません。だからこそ、介護資格を有した人材があらゆる場面で必要とされているのです。
Copyright (C)2019介護職員初任者研修という介護資格について.All rights reserved.